出会系アプリが詐欺の温床に!?

世の中に沢山ある出会い系アプリや恋活アプリがありますが、中でも海外から人気が出たスワイプ系の生みの親的で有名なアプリのTinderが微妙な感じになっています。

確かに近所の可愛い子を右スワイプをして数打ちゃ当たる!的な感じでもありますが、最近は東京都内や神奈川県あたりでスワイプをしていると、日本人ではないアジア人の人と知り合う事が増えました。
アジア人でも目鼻立ちやスタイルの良いタイプな人が現れて、右スワイプでマッチする機会がそこそこ多くあります。

一応自分の性別と探している性別を設定しておく事が出来る仕組みですが、スワイプしていても希望しない性別の人が時々現れます。
性別関係なく友達や飲み友達を探しているとプロフィールには書いてありますが、やはり出会い系アプリなのだから、真面目に付き合いたいとかデート相手を探すのが目的が大半だと思います。

何故かタイプな人とマッチするな!?と思いながらやりとりをしていると「このアプリはあまり使わないからLINEに移動しよう」と提案されます。
LINE IDを伝えるのは流石に怖いので相手にIDを聞くのですが、大概の場合がランダムな英数字の羅列のIDが多いです。

LINEでは凄く積極的にメッセージを送ってきて、仲良くなるのですが、次の段階では、朝・昼・晩と甘いメッセージを送って来て、若干怪しいなぁと思うのですが、タイプな人だからやりとり始めた事もあって、ロマンス詐欺だとは思いたくないのが普通の考えかと思います。

次の段階になると、何の仕事をしているか等とプライベートな質問をしてくるのですが、答えた後に聞き返すと大概の場合が「ビットコインや仮想通貨の取引をしている」と答えてきて「ちょっと待って、今仕事を少しだけするから」と待たせて、しばらくすると投資アプリのスクリーンショットを送ってきて「今投資で10万円儲かったんだけど興味ある?」という風に言われ、興味はないのに「あなたも簡単だからやってみない?」という風にアプリのインストールを促してきます。

その時点でロマンス詐欺確定なので、速攻ブロックしたんですが、Tinderでは同じ様なビジネス勧誘が多いので、もし話にのったらどうなるか?という事で、気が付かないふりをしてアプリのインストールと使い方だけを聞いて、投資のノウハウをTinderで得ようと考える事にして、こちらから切るのではなく、ノウハウを逆に盗んでやるのです。

日本ではビットコイン等の話は下火になりましたが、楽天やDMMといった企業もビットコインや仮想通貨の取引アプリに徐々に力を入れて始めたので、ゼロから勉強するのも大変なので、うまいことロマンス詐欺を利用して、今後の世の中の変化について行ける様にしてやらう!という事にしています。

確かに投資やビットコイン売買でも、出会いは出会いであるので、恋愛にはならないのですが、勉強になるので、付き合う相手を見極めて、取れる情報は全て盗んでやります。
詐欺は嫌ですが、人を動かす方法等のノウハウは詐欺師は良く知っているので、恋活のノウハウも学べます。
そんな中で、本当にタイプで詐欺でない人と1 人だけ出会えれば良いので、イライラせずマイペースで良い出会いを探しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です