気を付けたい寄生虫、フィラリアの実態

寄生虫に悩む犬

犬を家に迎えたら終生にわたり警戒するべきなのが、フィラリア感染症です。
成長すると細長くソーメンのような色合いと形状をしている寄生虫です。
蚊を媒介して感染が広がる特徴をもっています。
つまりフィラリアに感染している犬に吸血することで蚊の体内にはフィラリアの幼生が取り込まれるわけです。
このように感染した蚊が他の固体を吸血する際に犬の体内に幼生が移行することで犬に感染することになります。

犬の体内で幼生は成長を続け、おおむね6-7ヶ月程度で成虫にまで成熟し心臓の右心室や肺動脈に寄生することになるわけです。
成虫になると犬の体内でも繁殖を開始します。
たとえこの寄生虫に感染してもすべての個体が発症するわけではありません。
しかし蚊に刺されるリスクは常に存在する以上、予防策をとらない限りいつかはフィラリア症を発症します。

日本国内での感染は予防薬の普及もあってかつて程の脅威を見せてはいませんが、流行地帯では高率で発症するとされているので、そのリスクの実態は依然として高いレベルです。
この寄生虫は感染しても暫くは無症状で経過し、何らかの症状が観察されるようになるのは数年程度経過してからのことが実態です。
しかも症状といっても元気がない・運動をいやがる・席が頑固に継続する程度でフィラリアに特徴的な症状は少ないとされています。
フィラリアは肺動脈から送り込まれる酸素の豊富な血液を全身に送り出す右心室や肺動脈そのものに寄生するので全身細胞に十分な血液を供給することが困難になる訳です。
そのため慢性的に右心室心不全が発症しているのと同じ状況になり、しかも繁殖を続けているので全身衰弱が進行することになります。
心不全は肝臓にうっ血を起こし機能障害も併発するので腹水なども併発するようにもなるのです。

フィラリアの治療方法は治療薬により寄生虫を駆除することが中心で、寄生虫が大量に繁殖している場合には手術で直接とり除くなどの治療方法が選択されることもあります。
早期発見されてフィラリアの個体数も少ない場合は治療薬での完治を期待出来ますが、発見が遅れると投薬治療による根治は困難です。
全身状態が悪化し根治的治療の適応がなければ心不全や肝不全などの症状の緩和を目的にした治療を行うほかない場合も珍しくありません。
そのため予防策をとることで病気を発症させないことが必要です。
毎年蚊が活動する4-11月くらいのシーズン、予防薬を投与することが標準的な予防法になります。
また動物病院だけではなく、フィラリアの治療薬を通販で購入することも可能です。
通販だとすぐに注文して届くので、大切なペットのためにも事前に買っておいて早めの予防をすると良いかもしれません。